シン・危険ドラッグの断り方

こんばんは。どうもぼくです。
なかなか危険ドラッグの乱用が少なくならない今日このごろ、皆さんはどのようにお過ごしですか?

いきなりですが、あなたはドラッグを進められたらどう断りますか?

やんわり危険ドラッグは駄目なことを伝えて断りますか?
やりたくないことを伝えて断りますか?
興味がないことをはっきりと相手に伝えて断りますか?

東京都福祉保健局では公式サイトで以下のような危険ドラッグの断り方を紹介しています。

参考 危険ドラッグの断り方東京都福祉保健局

皆さんはこの断り方を見てどう思いましたか?
僕はこの断り方を一目見て思いました。

これじゃ断れるわけないじゃん!

こんな断り方をしたら、次の日にはあなたもラリパッパでございますよ!
自分の身を守れるのは自分なのですから、ここはしっかりと断り方というものを学んでほしいと思います!

ということで、今回は私が最強と思う「シン・危険ドラッグの断り方」をご紹介したいと思います!!

東京都福祉保健局の断り方が駄目な理由

私が最強と思う「シン・危険ドラッグの断り方」をご紹介する前に、先程紹介した「東京都福祉保健局の断り方」が駄目な理由をまずはお話したいと思います。

あのね。

薬キメてる人に言葉なんて通じませんから!!!

なにを真面目に相手に「僕はドラッグ使いません」って伝えているのかが謎ですね。
そんな反抗的な態度を相手に取ったら殴られるか詰められるかの2択ですよ!

そんな断り方よりもちゃんとした良い断り方があるのでご紹介したいと思います。

僕が考える最強の「危険ドラッグの断り方」

僕がる最強の「危険ドラッグの断り方」はこちら!

ドラッグ中毒者

おまえもこっちにきてドラッグキメてみろよ!
あ、待って!お腹痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!
やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい!
ちょっと、トイレ行ってくるううううう!!!

あなた

そして、トイレに行くふりして帰りましょう!

これが僕の考える最強の「危険ドラッグの断り方」です!
真面目に相手にグダグダ断る理由を述べて説明するよりも、尋常じゃなくお腹が痛いことをアピールして逃げるのが一番の得策です!

相手もこの場で漏らされたら嫌だという防衛本能が働いて、ドラッグをキメている状態でも「お、おう。トイレ早く行ってこいや。」っていう状態にならざる負えないです。

逃げるが勝ちとはよく言ったものですが、これ以上の策はないとは思います。

最後に

トイレ行くと言ってそのまま帰ったら、その後呼び出されて袋叩きに会う可能性がありますので、その時は「警察」「東京都福祉保健局 健康安全部 薬務課」に連絡をして相談をしましょう。

「東京都福祉保健局 健康安全部 薬務課」の相談窓口は下記サイトに記載されていますのでご参考ください。

参考 危険ドラッグの断り方東京都福祉保健局

「危険ドラッグ」を勧められることがないことが一番最高ですが、やっぱり勧められることがある人もいると思いますので、是非「危険ドラッグ」に手を染めることなく、このおススメした「危険ドラッグの断り方」を実践してみてほしいと思います。

逃げるが勝ちです!

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です